« 手に汗握るのはなぜ? -339 | トップページ | 行きと帰りの時間感覚 -341 »

2009年8月 2日 (日)

関西一速い特急は? -340

Q 関西の私鉄で一番速い特急はどれでしょうか? みんなも興味あると思うけど、鉄道関係の本とか読んでも、それだけは書いてないのです。梅an先生、ぼくのために調べてください。

●???市/段田くん(21歳)

 

A 関西の私鉄には伝統的に国鉄(JR)への対抗意識があって、70年以上も前から特急を走らせてきました。特急は速いだけでなく、各駅停車しないから加減速の回数が少なくて電気代が安くてすみ、おまけに往復する時間が短いので少ない車両数でやりくりできるという経済的メリットもあるのです。

 てなウンチクをたれながら関西最速の私鉄を時刻表で調べてみましょう。

 各私鉄の朝の特急が走る距離と時間は、京阪本線の淀屋橋・三条間が49.3km48分、阪神本線の梅田・三宮間が31.2km31分、阪急神戸本線の梅田・三宮間が32.3km34分、近鉄京都線の京都・奈良間が39km35分、南海本線の難波・関西空港間が42.8km30分でした。

 それぞれの平均時速は遅い順に、阪急57km/h、阪神60.4km/h、京阪61.6km/h、近鉄66.9km/h、南海85.6km/h。近鉄名阪特急は難波・名古屋間を95km/hで走るけど、関西の中だけということなら南海のラピートが断トツで一番ですね。1926年、私鉄で最初に特急を走らせたという南海の伝統の血が騒ぐんでしょうかねえ。

 

99・11号 

|

« 手に汗握るのはなぜ? -339 | トップページ | 行きと帰りの時間感覚 -341 »

コメント

へーー
特急ってもっと早いのかと思っていた
100km以上?
最高でも90km程度なんですね。

新幹線がいかに早く静かで安全か
思い知らされました。

投稿: yy- | 2012年6月17日 (日) 21時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1057951/30797658

この記事へのトラックバック一覧です: 関西一速い特急は? -340:

« 手に汗握るのはなぜ? -339 | トップページ | 行きと帰りの時間感覚 -341 »